医療安全対策室

基本理念

五戸総合病院における医療事故の発生防止対策及び医療事故発生時の対応方法について定め、医療事故防止対策を確立し、もって適切かつ安全な患者中心の医療の提供を行うことを理念とする。

 

医療安全対策室

五戸総合病院では、医療安全管理委員会、看護局事故防止委員会、セーフティーマネージャー連絡会が整備されています。 それぞれの委員会は必要時連携を取りながら、医療安全活動を行っております。また、平成22年に医療安全対策室が設置され、平成26年4月には専従の医療安全管理者が任命され、病院長の指示のもと8名のセーフティーマネージャーとともに活動しております。 医療安全対策室では、病院の医療安全体制の統括的な役割を行い、下記の業務を行っております。

病院について

ページの先頭へ

ホームへ戻る