トップ倉石牛とは生産者のご紹介安心・安全の管理体制組織体制倉石牛取扱店のご紹介



 

   
出荷牛の履歴証明

平成13年9月のBSE(牛海綿状脳症、いわゆる狂牛病)の発生などにより、牛肉の安全性に対する信頼性が低下しました。その後、失われた信頼確保を図るため、牛1頭ごとに10桁の個体識別番号を正確に伝達するためのトレーサビリティシステム制度が平成15年12月1日施行されました。この制度により出生から畜・解体処理までが全てデータベースに記録されます。また、平成16年12月1日にはと畜・解体され牛肉となってからは、部分肉、精肉と加工され、流通していく過程で、その取引に関わる販売業者などにより、個体識別番号が伝達され、仕入れの相手先などが記録・保存されます。この個体識別番号をインターネットで検索することにより、生産者や飼養場所等を知ることができ、「顔の見える牛肉」として消費者に提供されます。

 
  トレーサビリティシステム

「トレーサビリティ」とは英語で、「トレース」(足跡を追う)「アビリティ」(できること)を合わせた言葉で「追跡可能性」と訳されます。例えば、牛肉の場合、牛の誕生・肥育・と畜・解体・流通・販売にいたる段階の情報の把握によって、履歴情報を遡ることができる仕組みを「トレーサビリティシステム」と呼びます。

 
 

生肉の流通経路(生産履歴)